人気ブログランキング |
名古屋市中央卸売市場 北部市場内 仲卸58号
青果物(野菜)の総合商社・仲卸業 

株式会社 山武


カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
糸貫ささげ(16ささげ)
岐阜県産

入荷時期 : 6月~8月頃

糸貫ささげ(16ささげ)_c0189002_12181777.jpg

一般的には16ささげと言い、
さやに16個の種子が入っていることからこう呼ばれています。
中の豆は熟すと赤褐色になり、さやの長さは30cm~50cmくらいです。
主な栽培地は愛知県尾張西部(愛西市、稲沢市など)と
岐阜県美濃南西部(羽島市、本巣市(旧糸貫町))などです。

食べ方としては、さやがまだ柔らかい状態で、さやごと食べるのが一般的で、
茹でたり、油炒めにしたり、煮物にしたります。

担当販売者 塚田 直正
# by yamahyaku | 2011-06-27 12:28 | 山武マガジン1106
スナックえんどう
滋賀県産

入荷時期 : 6月~10月頃

スナックえんどう_c0189002_1125449.jpg

「スナックえんどう」とは商品名であり、正式名称は
「スナップエンドウ」に農林水産省により1983年に統一されました。
スナップエンドウはアメリカから導入されたエンドウの品種で
暑さにとても弱いです。
スナップエンドウのスナップとは英語で「snap」と書き
「snap」とは“ポキっと折る”や“パチッという音”という意味があるそうです。

さやが柔らかく、さやごと食すことができ、甘みと風味が豊かで、
肉料理の付け合せ、炒め物、サラダなどで食べられます。

担当販売者 塚田 直正
# by yamahyaku | 2011-06-11 14:18 | 山武マガジン1106
絹さやえんどう
広島県産

入荷時期 : 6月~

絹さやえんどう_c0189002_13385691.jpg

えんどうを若どりしたもので、さやごと食べます。
そのまま成長すると「えんどう豆(グリーンピース)」 になります。
豆の原種は地中海地方からユーラシア各地に広まり
中国に伝わったのは5世紀頃で日本には9~10世紀頃に
伝わったそうです。

バターで炒めたり、卵とじにしたり、
みそ汁の具や茶碗蒸しに添えたり、
またサラダに入れたりします。

担当販売者 塚田 直正
# by yamahyaku | 2011-06-09 18:47 | 山武マガジン1106
四角豆
沖縄県産

入荷時期 : 7月~11月頃

四角豆_c0189002_12522113.jpg

四角豆はマメ科シカクマメ属の多年草ですが、
日本では冬季に枯れるので一年草扱いされています。
ミャンマー、インド、インドネシア、パプアニューギニアなどの
熱帯アジアが原産で日本では、
沖縄県や小笠原諸島などで栽培されています。
実の断面がひだのついた四角形なので
この名前がついたそうです。

切ると断面が人型のようになり、クセの無い味で適度に歯ごたえがあるので、
サラダ、酢の物、炒め物、天ぷらなど幅広く使えます。

担当販売者 塚田 直正
# by yamahyaku | 2011-06-03 19:19 | 山武マガジン1106
実さんしょう
和歌山県産

入荷時期 : 6月

実さんしょう_c0189002_11143273.jpg

青山椒とも言います。山椒の未熟の実で、
最も香りと辛味が強く6月に出回ります。
実さんしょうの収穫量は和歌山県が
国内生産量の約80%を占めています。

シラスと佃煮にした、ちりめん山椒は有名です。

担当販売者 塚田 直正
# by yamahyaku | 2011-06-03 11:26 | 山武マガジン1106